マガジンのカバー画像

Advent Calendar 2019

13
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

12月24日まで毎日更新。「1人アドベントカレンダー」に挑戦します

どうも、最近まで「アドベントカレンダー」の意味を知らなかった男です。 知っているふりしてお話してしまっていた皆さん、本当にすみません……! アドベントカレンダー (Advent calendar) は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。待降節の期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる。 (出典:Wikipedia) 2019年12月1

スキ
5

マーケ支援会社の人事になって1年が経ちました

ちょうど1年前の今日(日付的には明日)、Facebookでこんな投稿をしました。 2018年4月に新卒入社したトライバルメディアハウス(以下、トライバル)で、マーケティングコンサルタントから人事に異動してちょうど1年が経ちました。 節目として、この1年間を振り返ってみたいと思います。 何をしたのかこの1年は人事として、主に新卒採用にかかわらせていただきました。 20卒採用では、13名の頼もしい仲間を採用することができました。 会社のnoteもたくさん書きました……!

スキ
10

僕が新卒でトライバルに入社した3つの理由

マーケ支援会社・トライバルメディアハウス(以下、トライバル)の人事になって1年が経ちました。 この1年間で面談や面接で何十人何百人の方とお会いしてきましたが、 「小林さんはなぜ新卒でトライバルに入社したのですか?」 という質問を本当によくいただきました。 いろんな表現でお答えしてきたのですが、今日は文章で書いてみることにします。 ちなみに僕は、東京キャリアフォーラムという海外留学経験者向けの採用イベント経由で、18卒で入社しています。 ①ソーシャルメディアに救われ

スキ
8

ありがとうnote。個人も、会社も、noteにどっぷり浸かった2019年

2015年からアカウントを開設し、年に数記事は更新していたnote。 2019年は書くのも読むのも、最もnoteに触れた1年でした。このnoteも、ちょうど今年で40記事目。 2019年に更新したnoteで、1番多くの方に見ていただいたのはこちらでした。 BUSINESS INSIDERさんで取材をいただいたことをきっかけに執筆したnoteです。 個人的には、同世代(20代)のビジネスパーソンに向けて執筆したnoteでした。 執筆以降も自分の中で結婚観・子育て観のア

スキ
12

見た目をととのえたいビジネスパーソンは、まず「眉毛サロン」に行くといいと思う

メンズ美容、流行ってますよね。電車に乗っていると、メイクをしている男性も見かけるようになりました。 「女性はスキンケアやメイクをするのに、男性はまったく気にしないのはどうかな」と思っていたので、見た目を気にする男性が増えたのは個人的には嬉しいです。 僕はメイクにはまだ手を出せていませんが、中学校時代にニキビにものすごく悩まされた経験があり、男性の中では美容、特にスキンケアについては関心があるほうだと思います。人事という仕事柄学生さんや候補者の方とお話する機会も多いため、服

スキ
7

「1年振り返り会」がとても良かったので、みんなにもオススメしたい

年末ですね。皆さんにとって、2019年はどんな1年でしたか。 そろそろ、1年を振り返ったり、来る2020年の目標を立て始めたりするころではないでしょうか。 数年前からこの時期になると、こちらの振り返り記事が話題になりますよね。 今回ご紹介する方法は、4人1組にて実施し、1人が60分ずつ自分の1年を振り返り、4人で合計4時間にて行うというものです。自分が振り返りの当事者であるときは、まず簡単に1年についての概略を説明し、残りの3人はその内容に対して質問や投げかけを行います。

スキ
6

【ベストバイ】2019年買ってよかったもの

僕は新しいモノやサービスを探したり、試したりする時間が大好きです。 そんな中でものを見定める判断力が見に付いたのか、2019年は「これは失敗だった」という買い物が減りました。また、自分の中の「定番」ができつつあることを感じています。本当に気に入ったものを書い続けたり、消耗品系は「ずっとこれを使っていたい」と思える1つのものに落ち着いたりしました。 また、2019年は(いろいろあって)3回引っ越しを経験しました。シェアハウスに住んでいるので、もともと1回目の引っ越しからタク

スキ
7

【激白】実は「日高屋」がめちゃくちゃ好きなので語りたい #わたしが応援する会社

タイトルのとおりですが、実は日高屋がめちゃめちゃ好きで、週1以上は必ず行っています。 今回はとにかく日高屋への愛について語らせてください。 僕と日高屋との出会い日高屋は関東にしか店舗がなく、僕の出身の兵庫県や大学生活を過ごした徳島県にはありませんでした。なので昨年上京して間もないころは「ふーん、日高屋っていうのがあるのか。ラーメン390円って安っ」くらいの印象のみ。 ただ、とある友人(女性)がFacebookで、「日高屋の『野菜たっぷりタンメン』にお酢をたっぷりかけて食

スキ
34

「26歳は人生の転機説」について、26歳を目前にして考える

「1人アドベントカレンダー」11日目の記事は、7月くらいに下書きしてからずっと眠らせていた #熟成下書き をもとに書いていきます。 僕は今週日曜日、2019年12月15日で26歳になります。 26歳という年齢を意識したとき、僕が大大大ファンの長谷部誠選手(サッカー元日本代表キャプテン)の顔が思い浮かびます。 26歳は、2010年南アフリカW杯、長谷部誠選手がはじめて日本代表のゲームキャプテンに抜擢されたときの年齢なのです。 ※ちなみに、長谷部選手の著書『心を整える』が

スキ
24

「凡事徹底」で生きていく

皆さん、凡事徹底していますか? ”徹底”とは言わずとも、当たり前のことを当たり前にできていますか? きちんと食べて、適度に運動して、きちんと寝る 身なりをととのえる 身の回りを掃除する/汚さない 気持ちのいい挨拶をする 何かをしてもらったらお礼を言う 失礼なことをしたら謝罪する 話をするときは相手の顔を見る 勉強時間を確保する 日々を振り返り、1日1日を大切にする など、枚挙にいとまがないですし、ひとそれぞれの「当たり前」は違うと思いますが、自分の中の「当たり前」をでき

スキ
9

【性教育】中高生向けサイト「セイシル」がオープンーーずっと求めていたものがついに

TENGAヘルスケア社が、性のモヤモヤに専門家が応える中高生向けの新しい性教育サイト「セイシル」をオープンしました。 10代のリアルで切実な性の疑問とその答えが、かわいいイラストとともに並んでいます。 今中高生を含めたあらゆる世代が、調べ物をするとき、何かを知りたいとき、スマホでインターネット検索ができる時代。性に関することで悩み始めたとき、インターネット検索をするのは自然な行動ですよね。 ただ、性に関する悩みに“誠実に”向き合ったコンテンツは、これまでインターネット上

スキ
11

徳島駅周辺の”スロー”ガイド。週末旅行に四国・徳島という選択肢を(随時更新)

僕は大学時代を徳島で過ごしました。徳島は阿波踊りや鳴門の渦潮(うずしお)、鳴門金時などが有名です……が、「あまり知らない」「気にしたことがない」という方も多いのではないでしょうか。ブランド総合研究所の『地域ブランド調査』でも、魅力度や認知度はワーストをうろうろしています。 ただ僕は、徳島をとても気に入っています。そしてありがたいことに上京してからも、旅行や出張で徳島に訪れる友人から「おすすめスポットある?」と聞いてもらえることが増えてきました。 今回は、まるで徳島に暮らし

スキ
12

はじめての上京、はじめての実家離れでシェアハウスを勧める理由

就職や転勤で来年春から上京が決まり、家探しをされている方が増えてくるこの季節。新年度を機に、実家を出て都内ではじめての1人ぐらしを始めようとしている方もいるのではないでしょうか。はじめての上京の方は、「そもそも東京で暮らしていけるのだろうか」「社会人生活、いきなり1人ぐらし大丈夫かな」と心配している方もいると思います。 今回の記事の結論を言うと、はじめての上京、都内ではじめての実家離れを検討している方には、シェアハウスはおすすめです。 モノや空間のシェアが好きな僕が、シェ

スキ
22

疲れやすいあなたへ。僕がやってみてよかった5つのくふう

年の瀬ですね。皆さん、お疲れさまです。お元気ですか? 「元気です!」と言いたいけれど、今の時期は仕事の追い込みや連日の忘年会などでくったくたになっている方もおそらくたくさんいますよね。 ビジネスパーソンたるものプロのアスリートと同様、コンディションを最高の状態に保つことを当たり前に求められますが、やはり日々過ごしていくだけで疲れは溜まっていくもの。 その上、僕は視覚や聴覚が過敏なほうでとても疲れやすいほうです。また、個人の特性的なアレでたまに過集中で時間を忘れて作業に没

スキ
36