見出し画像

これから複業をはじめたい人へ #朝渋複業

『複業の教科書』を今月上梓された西村創一朗さんがゲストの「著者と語る朝渋」に参加してきました。

こんにちは、小林冬馬(@toma_kobayashi)です。

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」。今年SNS上で見かけた方も多いかと思いますが、「コミュニティ元年」と称される2018年で、最も盛り上がりを見せたコミュニティの1つだと思います。

僕もコミュニティのメンバーではないものの根っからの朝型人間で、4月に上京してから、朝7:30~9:00に渋谷のBOOK LAB TOKYOで定期的に開催されている著者イベント「著者と語る朝渋」には何度も足を運びました。(イベントチケットを購入するPeatixを数えると、なんとこの9ヶ月で15回も…!)

今日はそんな朝渋の発起人の1人であり、普段から大変お世話になっている複業研究家・西村創一朗さん(@souta6954)の著者イベントに参加してきました。

西村さんの著書『複業の教科書』については、僕のFacebookの投稿でも紹介させていただきました。

モデレーターは最強の複業男こと、朝渋発起人で現在プロデューサーを勤められている5時こーじ(@kojijico)さん。お二人のお話はとても刺激的で、イベントに参加しながらTwitterでメモを取ったので、一部を抜粋して紹介します。

.

「副業」と「複業」を口頭で説明するときの言い方

複業元年の今年、西村さんが今一度問いただしたいこと

西村さんが最初の複業としてブログメディア「Now or never」を始められたきっかけについて

複業のあるべき目的

複業によって、自分の資源を資本化する


複業のメリット・デメリット

複業を始める前に「見立てる」

複業の5か条と、5時こーじさんの場合

複業家のタイムマネジメントについて

「どんな複業」をするか考えるとき、自分にとっては当たり前だけど、他人にとって当たり前でないことに目を向ける(5時こーじさんの場合は「早起き」だった)

複業で、本業では立てない矢面(やおもて)に立ち続ける(5時こーじさんは朝渋開始当初、モデレーターなんて全くやったことなかった)

複業とコミュニティは相性がいい説

複業研究家の情報収集術

これからの時代に身につけるべき習慣

社会人1年目は本業に集中すべきなのか?

.

「副業に関心がある」という方は肌感でも周りにかなり多いように感じていますが、まずは自分の好きなことでお金を生むのではなく、「価値創造」することから、複業の一歩を踏み出すのがいいのではないかと思いました。さらに詳しく知りたい方は、『複業の教科書』も読みやすくて本当におすすめですので、ぜひ購入してみてください。

↓書籍の購入はこちら

明日は僕自身が本業とは別で、ライフワークとして行っている活動について書きたいと思います。※会社外の活動で収入は得ていません。


※西村さんもnoteを頻繁に更新されています。ぜひこちらもご覧になってみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。皆さんが読んでくださることがとても励みになります。

嬉しいです!冬馬より
3

小林 冬馬

マーケティング支援会社・トライバルメディアハウスの人事←SNSマーケター。93年世代。徳島大スポーツ医学研究室卒。宣伝会議編集ライター養成講座受講中。採用、遠距離恋愛などについてよもやま綴ります。Twitter:https://twitter.com/toma_kobayashi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。