見出し画像

【応募希望者向け】内閣府 日本・韓国青年親善交流事業【応募 〜 一次試験について】

昨年2017年9月に、内閣府の日本・韓国青年親善交流事業(通称:韓国派遣団)に参加させていただきました。

派遣時の様子については、こちらのFacebookページにて毎日の報告を書かせていただいたので、ご覧頂けると幸いです。個人的には、帰国日に皇太子殿下に直接帰国の報告をさせていただける機会をいただけるなど、非常に貴重な機会をいただくことができました。

平成30年度の参加青年の応募が開始

今月2月から、いよいよ平成30年度の派遣の応募が開始したようです。(応募はこちらから)

しかし、「全く情報がなくて困っている」という応募希望者の方から、SNSをたどって数名の見ず知らずの方からご連絡がありました。確かにぼく自身も派遣経験者が周りにおらず、ほぼ情報がない中で手探りで応募した経験があるので、このnoteで応募について数回に分けてお伝えできたらと思っています。

※本記事は主に周りに派遣経験者がいない、ぼくのような地方の応募者向けに書かせていただきたいと思います。周りに派遣経験者がおられる方は、まずはその方のお話を伺うのが良いかと思います。本記事も一意見として参考程度にお読みいただけると幸いです。

※ぼく自身が学生のため、学生の応募者向けの記事となりますが、社会人の方にとっても少しは有益な情報を提供できるかと思います。

※内閣府の青年国際交流事業には他にも「東南アジア青年の船」「世界青年の船」などの船事業、ヨーロッパ・アジア・中南米に飛行機で渡航する「国際青年育成交流事業」、中国に渡航する「日本・中国青年親善交流事業」などがありますが、今回はぼくが参加した「日本・韓国青年親善交流事業」に焦点を当てたいと思います。

応募の流れ(平成30年度の場合)

応募を検討されている方は、まずはこちらの応募のページをご覧になられる方になり、「自分が参加資格要件を満たしているか」「研修・派遣の日程に全て参加できるか」をご確認ください。

次に、応募のフローとしましては、

【応募】参加申込書・作文・健康診断書を住民票のある都道府県に提出(〆切は都道府県によって異なります。募集期間はこちら

【第1次選考】各都道府県によって異なります(日程は応募先の都道府県・団体によって異なります。試験日はこちら

【第2次選考】筆記試験+作文、集団面接+グループディスカッション(平成30年5月20日(日)@内閣府 ※東京まで行く必要があります)

【合格発表】平成30年6月中旬に郵送で発表

といった形になります。

ちなみにぼく自身はたしか4月頃にあった追加募集に応募しました。応募は原則住民票のある都道府県(ぼくの場合兵庫県)に設置されている事務局へ申込むことになります。しかし、ぼくは住民票は実家の兵庫県に残しているものの、今住んでいる都道府県は徳島県であったため、徳島県を介して応募しました。

Q & A

以下は、実際にご連絡いただいた方からの質問を中心に、Q & A形式で一次試験についてお伝えできたらと思っています。

Q.1 僕(私)なんかが応募していいのか?

内閣府の事業 = 国の事業ということで、「さぞかし優秀な方が集まるのでは?」とお考えの方が多いようです。また、これはぼくと同じ平成29年度の派遣団の皆さんも、応募時には考えていたそうです。

ぶっちゃけて言いますと、二次試験の筆記試験もそれほど重視されませんし、韓国派遣団については英語や韓国語などの語学力も問われません。どちらかと言うと面接や作文での「熱意」や「派遣で何を達成したいか」が重視されているように思いました。

年齢も19歳(大学2年生)から30歳の方まで幅広く、専攻や職業などバックグラウンドも非常に多様です。一概にみんな博学で、高学歴で、語学堪能で……というわけではありません。

確かに専門性や特技があると選考の段階でも有意だと思いますし、実際に渡航した際にも生きるかと思いますが、まずは①日本代表として韓国に行く覚悟を持つことと、②この事業で何を達成したいかを熱く語れるようにすること、この2つさえできれば、応募して合格する可能性は高いのでは、と思います。

Q.2 参加者は首都圏の人ばかりが多いのではないか?

確かに我々平成29年度の派遣団の中でも東京など首都圏の在住者が多数いましたが、実際には北は青森から南は鹿児島まで、地方在住者も全国から参加しています。実際僕も四国・徳島から参加しています。

首都圏には本事業のOBOGの在住者が多いため、そもそも本事業を知る機会や、既に参加された方々の体験を直接聞くことができ、そのため応募者が増えるのではないでしょうか。ですので、首都圏にお住まいの方は積極的に既参加の方のお話を聞くべきではないかと思います。また、応募者が多い = 一次試験の段階で熾烈な争いがあるため、二次試験に進まれている段階でそれなりにフィルターがかけられる、という考え方もできるのではないかと思います。

また、裏を返せば「地方在住者」、つまりマイノリティであることを生かして、その土地にしかないもの、その土地でしかできないことをアピールポイントにできるのではないかと思います。そもそも本事業を知る機会も少ないのだとは思いますが、個人的にはもっと地方在住者にも自信を持って応募してもらえたらなと思っています。

Q.3 韓国に行ったことないけれど応募しても大丈夫か?

実際、平成29年度の派遣団の中でも、韓国に行ったことない方もたくさんおられました。そもそも海外に行ったことない方もおられたほどです。

「なぜこの事業で韓国に行きたいのか?」「中国など、他の国ではない理由は?」という問いについて、全うな理由さえあれば大丈夫だと思います。また、そこにその人らしさとか、応募に至るまでに経験したストーリーオリジナリティがあればあるほど相手には伝わる = 合格する、と思います。

例えば、以下は今回わざわざぼくに相談したいと連絡してくださった方が電話で語ってくださった応募理由です。(完全に汲み取れているわけではありませんが)

「私は韓国に行ったことがないけれど、今通っている大学に交換留学に来ている韓国人留学生と仲良くなって、韓国に興味を持った。また、過去に東日本大震災を経験し、今も被災地と呼ばれる地域に住んでおり、現在は復興や風評払拭に向けた情報発信に取り組んでいる。ある日、その仲良くなった韓国人留学生の話を聞いて、韓国では未だに被災地に対するイメージが非常に悪いということを知った。そこで、私は、この事業に参加し、現地を実際に自分の目で見たり、人と人との交流を通して関心のある韓国のことを知るとともに、被災地の現状について韓国人の方にも直接伝え、その反応を日本に持ち帰りたい。」

とてもストーリーがあり、素晴らしいなと思いました。すごく熱意を感じましたし、後半の理由については実際に被災され、復興や風評払拭に取り組んでいる彼女にしかできないことだと思います。

その人らしさ、ストーリー(オリジナリティ)、ぜひ意識してみてほしいです。


*******

こちらのQ & Aについては、随時更新していきます。ご質問のある方は、以下のメールアドレスに簡単な自己紹介とともに質問を送ってください。なるべく早めに返信致します。

お問い合わせはこちら⇒ toma1215k@gmail.com

内閣府や韓国政府をはじめ、様々な機関の方々にご支援いただいた恩返しとして、応募を検討されている方、つまり未来の参加青年である皆さんの不安を払拭できたらと思っています。

また、誤解を恐れずに言いますが、本事業に実際に参加してみて「ああ、この事業は続けるためにやってるな」という印象を受けました。確かに本事業は内閣府はじめ本当に多くの方のご尽力があってこそ成り立っているものであることは理解していますし、感謝しておりますが、そこにさらに参加青年たちが「もっとこの事業を良くしていくにはどうすればよいのか?」という意識を持って、徹底的に考え、議論し、実行していくべきなのではないかと感じています。実際自分がそうできなったから、という反省も込めているのですが……。全国から、少しでも多くの意志ある参加青年が集まることを願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。皆さんが読んでくださることがとても励みになります。

嬉しいです!冬馬より

小林 冬馬

Tribal Media House, Inc. / 都内のマーケティング支援会社で人事をしています。93年世代。マーケや人事のお仕事から、遠距離恋愛などプライベートなことまで、よもやま綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。