見出し画像

今日感じた2つの #noteでよかったこと

今日「noteやっててよかった」と思うことが2つありました。

身近な人がコメントやサポート(投げ銭)をしてくれた

いつも気にかけてくれる会社のやさしい先輩・ちろう(@chirou)さんが、こちらの記事にサポート(投げ銭)をしてくれたことです。

実はこれまでもサポート(投げ銭)をいただいたことはあったのですが、こんな形で身近な人がメッセージを添えて支援をしてくれるのは、また格別な嬉しさがありました。

憧れの野球選手がメッセージをくれた

東京ヤクルトスワローズの名セカンド・田中浩康選手をご存知の方はおられますでしょうか?

プロ野球好きの方なら、誰でも知ってらっしゃると思います。

実は田中浩康選手、引退された今、noteで発信されています

こちらも野球好きなら誰でも知っている「パワプロ」で、昔田中浩康選手をよくチームに使わせてもらっていたので、noteを見つけた瞬間、嬉しくて胸がドキドキしたことを覚えています。

そんな田中浩康選手のnoteマガジンを先日購入したのですが、なんと、今日田中浩康選手からお礼のメッセージが届いたのです。

単純だなあ、と自分でも思うのですが、憧れていた方からnoteを通してこのようにコミュニケーションが取ることができるとは想像もしていなかったので、完全に心を掴まれました。

田中選手の綴る言葉はとてもやさしくて、有料記事ですが、僕は『一流投手のカーブを見るたびに、思い出すであろうこと』という記事が一番好きです。

皆さんもnoteでよかったことがあれば、ぜひ #noteでよかったこと で発信してみてください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。皆さんが読んでくださることがとても励みになります。

スキありがとうございます!冬馬より
3

小林 冬馬

Tribal Media House, Inc. / 都内のマーケティング支援会社で人事をしています。93年世代。マーケや人事のお仕事から、遠距離恋愛などプライベートなことまで、よもやま綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。