小林 冬馬

Product Marketing Manager。広告代理店所属。兵庫県神戸市出身。…

小林 冬馬

Product Marketing Manager。広告代理店所属。兵庫県神戸市出身。長谷部誠選手推し。詳細は固定の自己紹介記事をご覧ください。 エッセイ→https://sizu.me/tomakobayashi

最近の記事

  • 固定された記事

小林冬馬の自己紹介|2023/11更新

はじめまして。小林冬馬です。 この記事は、僕の自己紹介ページです。生まれてからいまに至るまでについて書いています(最終更新 2023/11/11)。 現在やっていること(2023年11月時点)ライフテーマが「個のエンパワーメント」で、マーケティング・コーチング・教育などを軸に活動しています。 仕事はインターネット広告代理店のオプトで、データ系SaaSのProduct Marketing Managerを担当しています。 新卒からマーケティング支援会社2社を経験したのち

    • 【ベストバイ】2023年買ってよかったもの・課金してよかったもの

      毎年書いている「買ってよかったもの」を、今年も書きます。振り返りながら、今年は全然洋服を買わなかったことに気づきました…! ▼過去の「買ってよかったもの」 2022年 / 2021年 / 2020年 / 2019年 / 2018年 ガジェット編Kindle Oasis 2014年から使っていたKindleがぼろぼろになっていたのと、パートナーが使っていて「便利だよ」と言っていたので、物理ボタンつきのKindle OasisにAmazonのなにかしらのセールのタイミングで

      • 20歳で始めたトライアスロン。20代最後のレースとして、今日は千葉シティトライアスロンに出場した。ベストタイムからはほど遠い結果だったけど、レース中ずっと楽しかった。12月から始まる30代も、トライアスロンを楽しめる心と身体でいたいと思う。

        • 朝日新聞『白血病になった彼女と3年ぶりの再会』記事が公開されるまでの裏側

          先月3/4(土)、朝日新聞にパートナーのサキちゃんと僕についての記事が公開されました。タイトルにあるとおり、テーマは「白血病になった彼女(サキちゃん)と彼(僕)の3年ぶりの再会」です。 僕たちの紹介をしますと、交際約7年で、サキちゃんの海外駐在をきっかけに約5年間ほど海外遠距離恋愛をしていました。駐在先でサキちゃんの白血病が見つかり、治療のために帰国。入院中は面会も許されず、コロナで帰国できなかった期間も含め退院後3年ぶりに再会を果たしました。 サイドA(サキちゃん目線)

        • 固定された記事

        小林冬馬の自己紹介|2023/11更新

        • 【ベストバイ】2023年買ってよかったもの・課金してよかったもの

        • 20歳で始めたトライアスロン。20代最後のレースとして、今日は千葉シティトライアスロンに出場した。ベストタイムからはほど遠い結果だったけど、レース中ずっと楽しかった。12月から始まる30代も、トライアスロンを楽しめる心と身体でいたいと思う。

        • 朝日新聞『白血病になった彼女と3年ぶりの再会』記事が公開されるまでの裏側

          【ベストバイ】2022年買ってよかったもの

          メリークリスマス! 毎年恒例の「買ってよかったもの」を今年も紹介します! ▼過去の「買ってよかったもの」 2021年 / 2020年 / 2019年 / 2018年 食べもの編セブンイレブン 黒糖わらび 片手で食べられる黒糖わらびもちです。表記のとおり「もっちりぷるるん」の食感かつ、黒糖の味がガツンとくる味で、今年はかなりの頻度で食べました。特に疲れた日や、夜少し遅めだけど何か食べたいときによく食べました。 購入後すぐにさっと開けて食べられ、ごみ捨てできるUXも最高で

          【ベストバイ】2022年買ってよかったもの

          29歳の意気込みと、“冬馬”に込められた意味

          本日12月15日で29歳になりました。いよいよ20代ラストイヤーです。 寒さが厳しくなってきた今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 29歳の意気込みを、自分の名前に重ねて書いてみます。 「冬馬なのに冬が苦手」コンプレックス僕の名前は「 冬馬 」といいます。僕はこの名前がとてもお気に入りで、授けてくれた両親にとても感謝しています。幼稚園から大学、そして社会人の今まで、どの世代の方からも下の名前で呼んでいただけました。 名前に「冬」と入っているとおり、僕は日本では

          29歳の意気込みと、“冬馬”に込められた意味

          ネガティブな感情を抱えたときにどうするか

          2022年を振り返ったときに、今年はパートナーの大病や新規事業、シェアハウスから1人暮らしへ、そして転職など、大きな変化がいくつかありました。 変化を経験する中で、今まで感じたことないような怒りや悲しみといったネガティブな感情を抱くこともありました。痛みを伴う経験でしたが、振り返るととても良い経験だったと感じています。 僕がそれらの感情とどう向き合ってきたのか、そこから得た学びはなにかを振り返っていきます。 感情を表現することすらできなかった今年の7月ごろ。そのころの僕

          ネガティブな感情を抱えたときにどうするか

          コーチングを学んでよかったこと

          昨年から今年にかけて半年間コーチングスクールに通い、コーチングを学びました。 現在は複業でクライアントへコーチングを提供しつつ、学びを仕事や日常に生かしながら、さらにコーチングを探求しています。 2022年は「コーチングを学んでよかった」と思う瞬間がたくさんありました。なぜコーチングを学んだか、学んでみてどうだったかを振り返ってみます。 コーチングとはコーチングの定義は以下のようなものがあります。 コーチがコーチングを受ける人に対する傾聴、質問、フィードバックを通して

          コーチングを学んでよかったこと

          自分が高校生のときから10年以上大好きな、長谷部誠選手の試合を観てきた。埼玉スタジアムでの浦和レッズvsフランクフルト戦。彼が引退するまでに、一度でいいからプレーする姿をこの目で見たいと思っていたので、夢が叶った1日だった。

          自分が高校生のときから10年以上大好きな、長谷部誠選手の試合を観てきた。埼玉スタジアムでの浦和レッズvsフランクフルト戦。彼が引退するまでに、一度でいいからプレーする姿をこの目で見たいと思っていたので、夢が叶った1日だった。

          2年半勤めたガイアックスを退職しました

          2022年10月でガイアックスを退職しました。 ガイアックスには2年半在籍し、SNSマーケティングコンサルタントを2年、新規事業開発を6ヶ月経験しました。この記事では、ガイアックスで過ごした2年半を振り返ります。 Why Gaiaxガイアックスへ転職した決め手は、事業とカルチャー「フリー・フラット・オープン」への共感です。詳細は入社エントリに預けますが、特に以下に魅力を感じました。 ハイレベルなSNSマーケティングの実践 新規事業創出の機会 働く環境の自由度や仕事の

          2年半勤めたガイアックスを退職しました

          付き合って6年のパートナーと、3年ぶりに会えた話

          今日、付き合って6年のパートナーと、3年ぶりに対面で会うことができました。 3年間も会えなかった理由は、パートナーの海外駐在、そして大病です。 僕たちは交際期間中のほとんどを海外遠距離恋愛でつづけてきましたが、3年間も会えなかったのは今回が初めてです。この期間に僕が何を思い、生きてきたのかを振り返ってみたいと思います。 付き合って半年後、海外遠距離に僕たちは同い年で、学生時代に付き合い始めました。 パートナーが新卒から海外で勤務することになり、付き合って半年後には日本

          付き合って6年のパートナーと、3年ぶりに会えた話

          【ベストバイ】2021年買ってよかったもの

          毎年恒例の「買ってよかったもの」を今年も紹介します! ▼過去の「買ってよかったもの」 2020年 / 2019年 / 2018年 ガジェット編ロジクールのマウス 普段仕事でMacBookを使っているのですが、内蔵のトラックパッドを使っていると、大量のパワポ資料を作成するときに腱鞘炎気味になってしまいました。 そこで「トラックボール」といわれる、親指でカーソルを動かすタイプのマウスを購入。最初は慣れなかったけど、今はこれがないと気持ち悪いくらいに。腱鞘炎もすっかり治まり

          【ベストバイ】2021年買ってよかったもの

          【ベストバイ】2020年買ってよかったもの12選

          今年もやってきました、 #買ってよかったもの です! 僕は、「良いものや気に入ったものを少なく持つこと」「良いものや気に入ったものと出会うためには、実際にいろいろ試してみること」という両親の方針もあり、昔からいろんなモノやサービスを買ったり試したりするのが大好きです。 2020年はマーケティング職に戻ったこともあり、自分の買ったモノの心動かされたポイントや、逆にイマイチだと感じたポイントをしっかり言語化するように意識付けてきました。そうすることでマーケティングの勉強にもな

          【ベストバイ】2020年買ってよかったもの12選

          「26歳人生の転機説」は本当か?27歳になったので答え合わせしてみる

          本日2020年12月15日で27歳になりました。 ちょうど1年前、「26歳人生の転機説」についてのnoteを執筆。 「そもそも『26歳人生の転機説』ってなに?」という方のために、上記noteと同じくHRマーケター・カタリストの西村創一朗さんのブログ記事を引用します。 26歳といえば、サイバーエージェントの藤田さんがマザーズ上場を果たした年齢であり、ソフトバンクの孫さんが重い慢性肝炎を患っていることが発覚し、病気療養のために一時会長に退いた年齢です。 そして博多大吉先生

          「26歳人生の転機説」は本当か?27歳になったので答え合わせしてみる

          鎌倉から地元・神戸にUターンしました

          9月から実家のある神戸にUターンしました。所属は引き続きガイアックスで、神戸からリモートワークをしています。 今年5月から始めた鎌倉生活は、自宅から徒歩5分圏内に海や山、コワーキングスペースがあり、のんびりと流れる時間、自然に癒やされる生活、地元に誇りを持ったやさしい人々…控えめに言って最高でした。またいつか住みたいです。 ただ、約8年ぶりに暮らす神戸も、海(港)も山も近いし、夜はすぐ店が閉まる“昼の街"だし、みんな神戸が好きだし、「なんだか鎌倉に似てる?」って感じていま

          鎌倉から地元・神戸にUターンしました

          習慣づくりと鎌倉生活の雑感

          今日で8月。今年はコロナもあって、例年と違うスピードで時が流れているような気がします。 6、7月もいろいろあったのでまとめて振り返っていきます。 登壇したオンラインイベント・書いた記事6,7月はオンラインイベントに3本登壇したり、お声がけいただいて会社ブログを書いたりしました(なんだかんだ全部ガイアックス関連だ)。 鎌倉ライフとサーキュラーエコノミー(循環型経済)5月に移住した鎌倉。緊急事態宣言が解除された6月からは、(人混みを避けて)少しずついろんな場所へ足を運んでい

          習慣づくりと鎌倉生活の雑感